2016年6月5日日曜日

Studio One 原音(Dry音)0% エフェクト音(Wet音)100%の方法

Studio Oneに限らず、
ある特定の音たちを
まとめて均一なエフェクトをかけるケースがあると思います。

例えばホーンセクションなどで、
トランペット、サックス、トロンボーン個別にEQやコンプの処理を実施したのち、
全体的な統一感を出すために、再度EQやコンプをかけなおしたり、
まとめてリバーブをかけたりするケースが良い例です。

そんな時、元の音は消して、
すべてをエフェクトにまとめて送るというのが
基本的なお作法です。

元の音を残しておくと、Dry音(エフェクトがかかっていない音)が混じったり
音量が無意味に大きくなってしまがちです。

Studio Oneについてのやり方が
私の調べる範囲で載っていなかったので、
記載します。
(わかると簡単です。)



①FXチャンネルを作成します。(HornSectionという名前にしてあります)


②送りたいトラックのセンドに該当のFXチャンネルを加えます。


③上記赤枠をクリック


④黄色くなったことを確認


⑤フェーダーを下げる


⑥これで上記図の一番左のトラックが原音0%でFXチャンネルに送られます。



⑦FXチャンネルに送りたいすべてのトラックに対して③~⑥を繰り返します。



縦に展開せず、横に展開すると上記のようになります。



FXチャンネルに送る際に個別に音量をかえたい場合は、
上記赤枠のフェーダーで調整します。
この部分を調整することで、「Trunpetを大きめ・Saxを小さめ」と調整できます。


0 件のコメント:

コメントを投稿