2016年11月24日木曜日

雲(2016年バージョン)

初期のころに作った作品 「雲」

今回作り直したと言っていいぐらい、やり直しました。
「アレンジ」、「歌詞の追加」、「歌い直し」

自分でも曲を作りながら、成長していることがわかります。
今時点の等身大の作曲・アレンジスキルです。

聴いていただけると嬉しいです。



歌詞
作詞・作曲:Ryouta.H

青い空を見上げながら  鼓動に合わせて歩く
こんな穏やかな午後は  君を思い出している
白い雲がゆっくりと   たくさんの形に変わり
僕の気持ちもゆらゆら  不思議と形を変える

君も歩いたこの道    今は一人きり 歩く
忘れかけてた想いが   ふいに現れる

空に映したスクリーン 青いキャンバスの中
白の絵の具で描き出す 僕の気持ちの内を
君とみてきた  この空に ぐっと涙こみあげてく
この空に届くようにと  一人静かに祈る


雲は静かに移って   自然と形を変える
自分の心のなかでも    君があせてゆくのかな
空に景色を止めてと 試しに願ってみても
僕が描く君の姿 輪郭ぼやけていくよ

君を想ったあの日々     いつか懐かしくなるの?
君と見てきたあの雲      不意によみがえる

君と見てきたあの雲も        常に形はかわる
想いだけは変えぬようにと      心の中で誓う
君と見てきたこの空に       ぐっと涙込み上げてく
この空に届くようにと         ひとり静かに祈る

2016年11月23日水曜日

日曜日の憂鬱

こちらのBlogを閲覧してくださり、ありがとうございます。



「日曜日の憂鬱」動画ができました。

見ていただけると嬉しいです!









<歌詞>

地下鉄 ホームの反対側 白いロングスカートの君

電車の動きとともに スカートの裾 揺れる

日曜 夕方人もまばら 電車の中で手をゆらす君

この駅は君と僕との 時をつなぐジャンクション



人は出会い そして別れる この電車と同じ動きで

終着駅 いつか訪れ なぜだかふと 不安に駆られ



これが日曜日の別れのサイン

会おうと思えば 明日もまた会える 

だけど 地下の手を振るサインは やっぱり 心に風が吹く

地下鉄が過ぎ去る 風に合わせて





くるタイミング その時で変わるけど 

どっちが先でも さみしいよ

電車が気持ちを運ぶ 君と過ごした休日

気づけば 地下鉄は過ぎ去り 強い風が吹き抜けていく

乗るときすら 風が吹き 僕らの時間 消し去る



出会い別れ 同じ数だけ 繰り返せば 繰り返すほど

ハート震え 胸締め付けて 魂すら うつろに映り



これが日曜日の 終わりのサイン

またすぐに時が 明日を連れてくる

だけど地下を 走る轟音は

やっぱり心に穴空ける

地下鉄が過ぎ去る 風に合わせて


2016年11月22日火曜日

Studio Oneでサイレンのような上昇音を作ってみる(3)~補足編~

Studio Oneでサイレンのような上昇音を作ってみる(3)~補足編~



サイレンのような上昇音に加えて、ドラムなども使って
より効果的に盛り上げる方法を補足します。

ドラムの音色選択は人それぞれなので難しいのですが
個人的にはスネアが気に入っています。
(クラップでもいいかもしれません。)


まず、ドラム音源から、スネアを一発打ち込みます。



これを一旦バウンスしてMIDIデータから波形データに変換します。






波形にした音色を適切な長さにします。
(図だと4分から8分に設定しています。)






あとは、上昇音に合わせて間隔が短くなるように
配置していくと、はやし立てる感じが出てきます。
(最後は8分から16分にしています。)







これで終わりでもいいですが、

もう一工夫すると、ぐっと盛り上げ感が変わります。


Sample Oneを音源として立ち上げ、
スネアをバウンスしたデータをSample Oneに取り込みます。
(バウンスした波形をドラッグ&ドロップするだけです。)

そうすると、スネアの音を高く速くしたり低く遅くすることが可能です。
(サイレンのように音を上昇させるにつれて、
スネアの音が高くなっていくことを狙っています。)

※Smaple Oneは残念ながら、Primeには無いようです。Artistにはあるようです。






Sample Oneに取り込んだ後、MIDIで下記のように打ち込みます。
(リズムに少し変化をつけています。
 自分でも色々な配置の方法を試してみてください。)
ポイントは、上昇音に合わせて、
スネアの音色もだんだん高くするとよい感じになります。
(ちなみにリズムの最後は32分で打ち込んでいます。)





そしてここでもう一工夫!
Sample Oneで打ち込んだデータを
これまたバウンスして、スネアの音自体もだんだん大きくなるようにします。









より統一感が出ると思います。


ここに記載したのは一例です。
最後のリズムだけ、逆に間隔を置くとか、
いろいろと工夫してみると面白いかもしれませんね。

2016年11月19日土曜日

Studio Oneでサイレンのような上昇音を作ってみる(2)~簡単編~


以前、「Studio Oneでサイレンのような上昇音を作ってみる」を紹介しました。

Studio oneでサイレンのような上昇音を作ってみる


これよりも、簡単に作れることがわかりました!!

下記の方法です。
まずできるだけ、太くて、ずっと鳴っているような音色を選びます。
(シンセのLead系の音色が良いと思います。)


次に下記のように好きな小節に音をまっすぐ(一定の音)に打ち込みます。
(打ち込む音は、楽曲のキーに合わせるとよいです。)


音階を入力するエディタの下のほうに、
「べロシティ」と書かれている部分があります。
この部分の「Pitch Bend」を選択します。




デフォルトでは、横にまっすぐ(一定の音)になっているものを
「-1」(オクターブ)から「+1」(オクターブ)へと
右斜め上に線を調整します。







これで、聴いてみてください。
上昇音になります。


もう少し、それっぽくするために
音の強弱もつけるとよいです。
だんだん小さい音からだんだん大きな音にする感じですね。


打ち込んだデータを波形にするために「バウンス」という加工をします。
入力した部分を選択して右クリック→「イベント」の「選択をバウンス」を
選んでください。





下記のような波形データが現れます



音源の左側に「~」の部分があります。
ここをクリックすると、展開され、ボリュームとパンが現れます。




このボリュームの部分を加工して、
だんだんボリュームが上がるようにします。




是非試してみてください。

2016年11月6日日曜日

Be Alive 201611 Ver

こちらのBlogを見てくださり誠にありがとうございます。



先日リミックスした

オリジナルソング「Be Alive」に若干の修正を加え、動画も見直しました。

見ていただけると嬉しいです。









歌詞

overflowのinformation Bitが揺らめくDigital World

僕らの未来のDestination 誰もができないDescription

鼓動が高まりinflation 出口の見えないDarkness

気持ちもそろわぬConfederation 求められてるConclusion



休む間もなく 動き続け 尽きることない 世界の欲望



いったい何を目指してるのか 君も僕らと同じ不安なの?

それでも一歩 それでも一歩 後ろか前かわからずに



僕らいつかは消えていく 波がさらった砂のように

皆が作った砂の城 誰かが歩くその元に

亡くなっても 受け続いて 砂の城を また作って



僕らをなんで残してく 皆を残して消えていく

僕らもとても不安だよ 君の想いと同じだよ

僕らいつか 拾い上げる 君の想い 拾い上げる



僕の言葉はImitation ころころかわるよDetermination

飾りだらけのConnection それでも求めるEmotion

境界あいまいGradation 僕らの世代は不安なPosition

いつかは来るさTermination それでも僕らFor the Future



生きていくため 戦い続け 休むことなく 追われていく



0と1程 割り切れないさ 本来持ってる性だろう

今の世界はDigital模様 こんな時代なら憂さ



どうせいつかは消えていく 元ある場所に還ってく

暗い世界に閉じこもり 消えることだけ願っても

君が生きる その答えは 君の中に既にあるよ



誰もが皆 自分探し もがいて生き 答えのない旅路





僕らいつかは消えていく 波がさらった砂のように

皆が作った砂の城 誰かが歩くその元に

亡くなっても 受け続いて 砂の城を また作って



僕らをなんで残してく 皆を残して消えていく

僕らもとても不安だよ 君の想いと同じだよ

僕らいつか 拾い上げる 君の想い 拾い上げる