2017年4月23日日曜日

Studio One シンセ Mai TaiでMassiveで作るようなうねりのある音を作る

こちらの記事を見てくださり
ありがとうございます。

タイトルが長くなってしまいましたが、
Studio OneのシンセMai TaiでWobbleのような
周波数変化のある音が作れます。

シンセの用語等を説明しようとすると
記事が長くなるので、手っ取り早く方法だけ
紹介します。


Mai Taiのdefaultを選択し、左側のトラックにドラッグします。


上記のようにMai Taiが立ち上がります。

今回操作するのは、音を出す元のオシレータ(OSCと記載)と
LFO(時間とともに信号を変化させるもの)を使用します。




左下のMod Aを選択(クリック)します。
選択するとその右側の表示が変わります。



ざっくり記載します。

①が元の信号に対して「操作するもの」です。
②がの操作対象です。
③が変化させる度合いです。右に行けば行くほど、かかり具合が大きくなります。



まず、一番上(赤枠)を選択し、LFO1を選択します。

部分だけ抜き出すとこんな感じ



次に一番下(赤枠)を選択し、OSC1 - Pitch を選択します。

※今回はピッチに対して変化をさせますが、
 これ以外にも、音量(AMP)や音域の制御・制限(Filter)を変化させることも
 あります。

部分だけ抜き出すとこんな感じ


次に、今回使用しない信号(Osc2)とLFO2を停止させます。


Osc2を停止させるには、赤枠の部分を選択(クリック)します。


クリックしたことで、グレーアウトしたことがわかります。

同様に、LFO2も停止させます。



特に使用していない元の信号(今回はOsc2)をそのままにしておくと、
一緒に音が鳴ってしまうので、注意が必要です。


赤枠(LFO1のSync)を選択することで、
テンポにあった揺れ幅を設定できます。


赤枠のつまみをいじることで、
揺れの速さを変えることができます。

ぜひいろいろと試してみてください!

0 件のコメント:

コメントを投稿