2017年8月16日水曜日

野武士


久しぶりに曲を作ったら、コメディーになりました。

ある村でゴロツキどもに絡まれていた 町娘がおった。
そこに一人の侍が現れた。 町娘の運命やいかに!


この曲で出てくるぶるぶる震えている音(ワブルベース)を
Studio OneのシンセMai Taiで作りました。

作り方の一例を、このブログで紹介しています。
興味がありましたら、見ていってください。

Studio One シンセ Mai TaiでMassiveで作るようなうねりのある音を作る


閲覧ありがとうございました。

Studio OneシンセMai Taiでワブルベース作成(オートメーション編)

前回紹介した
Studio One シンセ Mai TaiでMassiveで作るようなうねりのある音を作る
の続きです!

ワブルベースが作れたら、時間とともに
音色を変化させたいですよね。

そんな時は、オートメーションを使います。
オートメーションはボーカルテイクなどで
ボリュームを調節する際にも使われますが、
ボリューム以外にも時間変化をつけることが可能です。

今回も手っ取り早く方法だけ。


まず、元の音源を選択し編集でMIDI入力画面を下に表示させます。


上記ベロシティの左にある「・・・」をクリックします。
下記のような画面が現れます。


オートメーションのパラメーターはいろいろ選択できるのですが、
今回は、LFO1 → Beatsを選択します。


追加を押します。


下記のように左側に追加されたことを確認します。


閉じるを押して元の画面に戻ります。
下記のようにMIDI入力画面のAfter Touchの右側にBeatsが追加されます。




上記のように、Beatsに時間変化を加えます。
(上記図ではだんだん拍が小さくなるようにしています)

今回はBeatsに変化を加えましたが、
色々といじることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

直線的変化だけでなく、曲線的な変化も加えることができます!!