2017年10月15日日曜日

Studio One センドへおくるボリュームオートメーションの出し方


Studio One等で
メインボーカルとコーラスに同じ空気感を漂わせるために
メインボーカルとコーラスから同じバスチャネルに送って
再度EQやコンプ、リバーブ等をかけると思います。

そんな時、メインチャネルからの音ではなく
バスチャンネルへ送る音にところどころ、
強弱を付けたいという人も多いはず。

Studio Oneでセンドへ送る音量を変更させる方法をご紹介します。
最後にはちょっとしたTipsもあります!

ちなみにメインチャネルのボリュームオートメーションを
作成しても、バスチャネルの音量は変わりません。。。



まず、送りたいセンドの右端の部分をクリックして
青から黄色に変えます。


オートメーションは音源の左下「~」をクリックし展開できます。


ただし、通常の状態ではボリューム(メインの)とパンしかでてきません。



バスチャネルのオートメーションを表示させるには、
センドの黄色い部分を右クリックします。



そうするとセンド用のオートメーション表示が追加されます。


センドだけに音を送りたい場合はメインのフェーダーを落としておきましょう。





「小技 オートメーションの音量等を微妙に変更する方法」


変更したい箇所を左クリックで選択して、右クリックをします。


小さいウィンドウが現れます。
「値」の部分で細かな数値を入力すると
微妙な音量の調整ができます。





閲覧ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿